テレビとラジオの受信料 Rundfunkbeitrag

NHKの受信料のようなものが、ドイツにもあります。

以前までは、この受信料収集センターはGEZ(Gebühreneinzugszentrale) という名前でしたが、2013年から名前がARD ZDF Deutschlandradio Beitragsserviceに変わっています。

この昔の名前のGEZは、厳密には受信料収集センターという意味なのですが、

「GEZ払ってる?」
「うちでサッカー見てたら、GEZが来ちゃってさー」

という風に、『受信料』という意味でも『受信料収集の人』という意味でも使われていました。今でもそうやって使っている人が多いかもしれません。GEZはちょっと嫌われ者です・・・。

受信料の支払いは基本的に義務

ドイツには、公共放送のテレビチャンネルが大きく分けて2つあります。それがARDとZDFです。このARDとZDFと、公共ラジオ放送のDeutschlandradioが一緒に、受信料(Rundfunkbeitrag)の徴収をしています。

現在のルールでは、テレビ・ラジオ・インターネット接続のある住居ごとに料金を支払います(現在は17.50ユーロ/月)。WGでもアパート毎の支払いです。

以前のルールではWGの場合は住人が別々に支払う義務があった代わりに、インターネット接続の条件がなく、ラジオのみの料金設定もありました。

ルール改正で得をした人と、損をした人がいると思います。私は損をしました。

というのも、私はずっと家にGEZの人が来ても、

ドイツ語分からないから、テレビは持ってないし見ない!」(実際持っていなかった)

と言って逃れていたのです。しかし、インターネット接続があると徴収されるルールになった時点で諦めることになりました。今はきちんと払っていますよ。

受信料徴収の人は、ある日突然やってくる

ドイツに引越して間もなければ、しばらくの間は受信料徴収の人が家に来ないかもしれません。

それでもいずれは訪問してきます。やってきても驚かないでくださいね。

その場で料金を支払うのではなく、契約を交わすことになるはずです。そうしたら、翌月から支払うことになります。

ただし、いつ引越してきたか必ず尋ねられるので、正直に「1年前です」と答えたら、その分も支払うことになります。(ウソをつけと言っているわけではありません。あくまで事前情報です 笑)

ちなみに、受信料徴収の人は、サッカーのワールドカップやヨーロッパ選手権の時に来る確率が高いです。大事なサッカーのある日は、彼らの稼ぎ時です!外から見ても、興奮しながらテレビを見ているのがバレバレですから、「テレビ持っていない」と言い張る事ができないのですね。

Der Rundfunkbeitrag
Informationen zum Rundfunkbeitrag von ARD, ZDF und Deutschlandradio. Hier finden Sie die Regelungen, Formulare und den Beitragsrechner.

Be the first to comment

コメントを残す