ドイツで自転車の盗難対策

ドイツでは自転車の盗難がすごく多いですよね。

なんとドイツでは、1日に約900台もの自転車が盗まれているのですよ!つまり、1年で32万台以上です。すごい数です!そのうち、持ち主の元に返ってくる自転車はたったの10%程度なのだとか。

盗まれ方も様々です。移動のために盗んで、自転車が乗り捨ててある場合もあれば、転売を目的とした組織的な犯罪もあります。

今回は、自転車盗難の予防策、万が一盗難されてしまった場合の対処法を説明します。

盗難を予防する6つの方法

ドイツではこれだけ自転車の盗難が多いのですから、盗まれないように予防策を講じておくことは大事です。予防策をまとめてみます!

1.頑丈な錠前を使う

錠は、硬く焼入れした特殊鋼を用いたものを購入しましょう。ABUSというメーカーがドイツでは有名です。お店では、自転車用の錠の種類が多くて迷ってしまいますが、自転車の購入価格の10%ぐらいが目安だそうです。

大きく分けて、鎖のものとBügelと呼ばれるもの、比較的新しい折りたたみ式のFaltschlossというものがあります。どれが頑丈とは一概には言えませんが、値段が上がるほど頑丈になると考えて良いと思います。どのタイプも安いものから高いものまで、たくさんの種類があります。

これが鎖タイプの錠前です。太い電柱にも停められるのが利点ですが、頑丈なものはとても重くてかさばります。

下の錠前はBügelタイプです。鎖タイプほど重くないのが利点です。ただし、幅が狭いものは太めの街灯などに固定できないので、幅が広いものがおすすめです。

最後に、折りたたみ式の錠前です。鎖タイプの長所を残したまま、重くてかさばる欠点を解消しています。このタイプが販売されて数年経ち、初期の頃の不安感はなくなってきました。とてもオススメです。

2.自転車を停める時は、移動できない物に固定

自転車にただ鍵をかけるだけでなく、錠前を駐輪用のパイプや街灯などに必ず固定するようにします。短時間の駐輪でも面倒臭がらずにしっかり停めましょう。パン屋さんでパンを買っている間に、店の前に停めた自転車が失くなっていた・・・というのはよく聞く話です。

3.錠は前輪・後輪だけにかけず、必ずフレームを通す

錠をフレームにかけるのは基本ですが、可能なら上の写真の様にフレームと車輪の両方に錠を通します。特に車軸がクイックレバー(Schnellspanner)式のものは、一瞬で車輪を外されてしまいますので、錠をかけておくべきです。前輪の方が後輪よりも外しやすいので、どちらかと言えば前輪が優先です。

私の自転車は、前輪・後輪とサドルにPitlockという物が付いていて、特殊なアタッチメントがないと外せない様になっています。これのお陰で、錠を車輪だけに通しても、自転車が盗まれる心配がほとんどありません。前の所有者が付けておいてくれたのですが、とても重宝しています。

4.自転車を停める場所にも気をつける

人通りのない寂しい所や、見通しの悪い所は避けましょう。盗む人にしてみれば、人目につかない所が都合が良いのは明らかです。自宅で駐輪する時も、なるべくなら地下室など、よその人が入れない場所に入れておきましょう。

また、駐輪する場所を適度に変えるのも良いことです。いつも同じ場所に停めている場合は、チェックされて狙われやすくなります。

5.自転車用認識コードを発行してもらう

自転車用認識コード(Fahrradcodierung)は、自動車のナンバープレートの様な役割で、番号から持ち主の住所を割り出せる様になっています。コードはシール状のタイプと、フレームに番号を彫るタイプがあります。自転車販売店、警察、ADFCなどで、15ユーロ程度で発行してもらえます。

このコードが付いていると、転売が難しくなるので、それだけで自転車が盗まれにくくなるかもしれません。

6.自転車の情報を控えておく

自転車のフレーム番号(Rahmennummer)、認識コード(Fahrradcodierung)、メーカー、色やその他の特徴をFahrradpassに記入しておくと、自転車が失くなった時にすぐに対応できます。すぐに届けを出すことで、転売を防ぐ可能性が高まります。Fahrradpassは自転車屋販売店や警察、保険会社などで手に入れることができます。

また、スマートフォン用のFahrradpassアプリというものもあります。このアプリで、上の情報の他に、自分の連絡先や自転車の写真などをまとめておけば、いざという時に簡単に届けを出すことができます。

もし自転車を盗まれてしまったら・・・

組織的な転売目的の盗難の場合は、あっという間に外国に自転車を持ち出されてしまう事が多いです。ですから、盗まれたと分かったら、素早く対処することが必要です。

警察に届けを出すのと同時に、盗難にあった自転車を専用のインターネットサイトに登録するのも手です。盗まれた自転車の特徴やフレーム番号など、必要な情報を入力します。あらかじめ、フレーム番号を控えておくことは大事ですね。

Radklau.org - de
Sie können bei uns kostenlos nach gestohlenen Fahrrädern suchen oder einen Diebstahl melden. Sie können ihr Fahrrad auch präventiv registrieren.

上のサイトのうち、Radklau.orgの方は、自転車が盗まれていない段階でもデータを登録可能です。Fahrradpassと同様の盗難予防策としても使えます。

小さい町ならば、自転車を探している旨を、掲示板などに貼り出すのも役に立つでしょう。

Be the first to comment

コメントを残す