ドイツの暖房はいつになったら稼働するのか?

10月に入って一気に寒くなりましたね!

暖房をつけて、もう温まっている方もいるでしょう。一方で、「暖房がつかない!寒いっ!!」とお困りの方もいるかもしれませんね。それで、『ドイツの暖房の使い方』を調べに、このサイトにたどり着く方も多いようなのです。

でも、特に寒くなり始めの時期は、『建物自体の暖房がついていない』ということもあるのですよ!(あ、でも先に、暖房の熱源がどこにあるのかは調べましょう。家の中にボイラーがあるなら、それをつければOKです。説明書を見て設定してくださいね。)

では、いつ、どういう条件で暖房が点けられるのでしょうか?

実は、大まかなルールがあるのですよ!

大家が暖房を稼働させなければいけないとき

暖房が建物ごとのセントラルヒーティングや地域熱供給(Fernwärme)の場合、大家側(管理会社・ハウスマイスター)が、暖房を稼働させる義務があります。

基本的な暖房の期間は10月1日~4月30日です。

それ以外の期間でも、『3日以上外気温が12度以下の場合、暖房を稼働させなければいけない』というのが、主な目安になっているようです。

他にも、『室温が16度以下になるようなら、ただちに暖房を稼働させなければならない』という判例があるそうですよ。

例え8月であっても、それだけ寒くなるならば、暖房をつける義務があるのですね。

契約書の内容

実は賃貸契約書にも、暖房について記述されている項目があります。

例えば、私が以前に住んでいたアパートの場合、上の暖房を稼働する期間の他、『7~22時の間は室温は20度以上に保たれなければいけない』と契約書に書かれていました。

契約書に書かれている室温の下限は、20~22度(バスルームは23度)というのが多いそうです。

暖房が動いていなくて大家とトラブルになった時、契約書の内容は参考にされます。

でも、もし契約書に『室温の下限は18度』と書かれていても、泣き寝入りする必要はありません。『18度という室温は法的には受け入れらず、無効とする』という判例があるのです。

それから、家主は夜間に暖房を落とすことは可能です。ただし、夜間に17度以下になってはいけないという判例もあります。

暖房がつかない時にどうするか

まだ今のような秋口ならまだしも、真冬に暖房が動いてなかったら死活問題ですね。

原因が、単に大家が暖房を動かしていないだけなのか、故障なのかに関わらず、やる事はいつも同じです。

そう、手紙を書くのです!

期限を切って、その日までに修理することを要求します。トラブルが何であっても、書く手紙の内容はほぼ同じなので、下の過去記事が参考になると思います。

これでも、問題が解消されないならば、家賃の値下げを要求することになります。

上階からの水漏れがあったときの対処法2
『上階からの水漏れがあったときの対処法1』の続きです。前回は、水漏れがあったときの対処法と注意点を書きました。問題がなければ、前回の記事の範囲で解決します。大抵は、大家は建物の価値を下げたくはありませんから、水漏れのときは素早く修理してくれます。...

手紙なんか書きたくない!という場合は、プロにお任せしましょう。Mietervereinは、賃貸住宅のトラブルで助けてくれる強力な味方ですよ。

賃貸住宅のあらゆる問題で助けてくれる、Mieterverein
ドイツに住んでいる日本人が遭遇するトラブルで本当に多いのが、賃貸住宅のトラブルです。基本的なルールは日本と似ている部分もあるものの、ドイツの住宅事情はやはり勝手が違うので戸惑う方も多いと思います。例えば、壁に穴開けがOKなことや、退去時に壁塗りなど...

おわりに

今日は簡単に『暖房がいつになったら稼働するのか?』というテーマで書きました。

暖房の使い方については、下の過去記事が参考になるかもしれません。

温水暖房の経済的でエコな使い方
ドイツの冬は、家の中に居る限りはかなり快適です。冬は、日本の家より暖かいと思います。これは建物の断熱性・気密性が高く、暖房(Heizung)が効率的だからなのですよ!お陰で、外はマイナス10度でも、家の中は20度を保つことが可能です。しかし、ドイツの暖房は日...


それにしても、アパート賃貸関連のネタは尽きません。これからも、ちょこちょこと書いていきますね!

Be the first to comment

コメントを残す