ドイツで最初に揃えるべき工具一式

ドイツでの生活では、DIYをする機会は多いですね。

もちろん、DIYをしなくても生活はできます。お金はかかりますが、全てをプロに頼むのもアリです。

でも、簡単なことぐらいは自分でできる様になると、生活が豊かになるのではないかと思うのです。

今回は「でも、DIYと言っても、右も左も分からない・・・」という人のために、最初に揃えた方が良い工具を紹介します!

ドイツのDIY初心者が自分でやってみたい作業は、下のような感じでしょうか。

  • IKEAで買った家具を組み立てたい
  • 天井にライトを取り付けたい
  • 壁に絵を飾りたい
  • 壁に家具を取り付けたい
  • 壁の色を変えたい
  • 自転車の修理をしたい

この中で壁塗りの道具と一部の自転車用工具は特殊なので、また別の機会に紹介しますが、その他の作業で使えそうな工具を紹介してきますね!

最初に買うべき工具

工具は、最初から全てを揃える必要はありません。やりたい事に応じて、少しずつ揃えていけば良いでしょう。しかし、工具は急に必要になることもありますね。

〇〇をしたいのに、ドライバーがない!」な~んてことにならないように、最低限のものは家に置いておきましょう。

それから、工具はセットで10ユーロ前後の安い工具を買っても良いのですが、きちんとした工具の方がおススメです。悪い精度の工具のせいで、上手に作業できないこともあるので、あまりに安いものは避けた方が良いと思います。

本当に良い工具は財産ですし、一生モノなのですよ。

ドライバー

ドライバー(Schraubenzieher)は必要ですね!上で『工具は一生モノ』と書きましたが、実はドライバーは消耗品で、使い込むうちに削れていくものです。それでも、質の良いドライバーは長持ちしますし、カチッとねじ山に噛み合います。

プラス(Kreuzschlitz-)・マイナス(Schlitz-)のどちらにも、様々なサイズがあります。違うサイズで3本ぐらい用意しておきましょう。

ドイツで広く使われているプラスドライバーには、PHタイプとPZタイプというのがあります。本来ははネジのタイプに完全に合うドライバーを使うべきなのですが、最初はそこまで求めなくても大丈夫です。

そして、マイナスドライバーも同じように3本ぐらい用意しましょう。

ドライバーは1本ずつよりも、セットで買った方が安いです。Baumarktで売っている、6本セットで10~20ユーロぐらいのものでも良いでしょう。取っ手にドライバー部を差し込める、ビット型になっているものも便利かもしれません。

きちんとしたものを買いたいのであれば、例えば下のWeraのドライバーは良い製品です。安物と比べると、嚙み具合が違いますよ。

それから、天井にライトを取り付けるなら、検電ドライバー(Spannungsprüfer)があると良いですね。

ライトの付け方はこちらに書いてあります。

自分で照明を取り付ける! 方法と注意点
『自分で壁に穴を開ける!家具やカーテンレールの取り付けかた 』の続きです。今回は照明の取り付け方についてです!さて、ドイツでの新生活なのですが、新居に引越してきて、ケーブルがぴろーんと天井から延びているだけ・・・などということもあります。こんな感じ...

ハンマー

ハンマー(Hammer)は何でも良いのですが、重すぎず、手に収まりが良いものを選ぶと良いでしょう。

IKEAの家具を組み立てるのに使う時もありますし、絵をかける時に壁に釘を打ち込んだりするのにも使えます。その他、使用頻度は高いです。

ペンチ

ペンチ(Zange)も使用頻度の高い工具です。

最初に買うなら、Kombizangeと呼ばれている、物を掴むペンチとしての機能の他、針金などを切るニッパー部が付いているものが良いでしょう。下のようなペンチです。よく見る形ですね。

このKnipexというメーカーのペンチは良いですよ。値段もそれほど高くはありません。

太さのあるものをしっかり掴みたいときにはウォーターポンププライヤー(Wasserpumpenzange)が、細かい作業ではラジオペンチが便利なのですが、とりあえず1本だけでもペンチがあれば何とかなるでしょう。

メジャー・折り尺

長さを測ったり、壁に穴をあける位置を決めるのに、メジャーは必要です。

ドイツでは折り尺(Zollstock)がよく使われますが、使い方を覚えるとけっこう便利なのですが、日本人には敬遠されている気がします。使い込むと関節部が緩んできて正確に測れないので、しっかりとしたものを選びましょう。

カッター

カッター(Teppichmesser)は工具というよりは、文房具に近いものかもしれませんね。何かと使う機会が多いです。

必要に応じて買うと良い工具

電動ドリル

電動ドリル(Bohrmaschine)はドイツでは使うことが多い工具です。というのも、壁に穴を開けて、家具などを取り付けることが多いからです。

しかし、ドイツで電動ドリルを買っても、電圧が違うので日本では使えません。もし、いずれは日本に帰る予定なら、電動工具は借りることにした方が良いかもしれません。

ドイツ人男性ならば持っている確率は高いですし、貸すことにもそれ程抵抗がない人が多いです。ついでに「手伝いに行こうか?」と聞かれる可能性も大です。DIY作業が得意な人が多いのです。

ドイツで電動工具といえばBOSCHですね。買うのであれば、BOSCHの緑の家庭用モデルで十分ですが、できれば一番安いモデルは避けましょう。安いモデルではパワーが足りないことがあります。

壁に穴を開ける方法はこちらに書いています。

自分で壁に穴を開ける!家具やカーテンレールの取り付けかた
ドイツに住んでいると、壁に穴を開ける機会は多いです。家具付きの家に住んでいない限り、どうしても壁に穴を開ける必要が出てきます。そもそも、ドイツでアパートを借りると、普通はカーテンレールなどは付いていません!ですから、遮光や目隠しのために、自分でブ...

ノコギリ

普通に生活していて、ノコギリ(Säge)を使う機会はそれほどないかもしれません。でも、もし必要になったら、引いて切る日本式のノコギリを買いましょう。Japansägeという名前で売られています。

ドイツで手に入るヨーロッパ式のノコギリは、押して切るタイプです。正確な作業をしたければ、絶対に日本式の方が良いですよ!

レンチ・スパナ

ボルトを回すためのレンチ(Sechskantschlüssel)はあった方が良いです。最初は、サイズを変えられるモンキーレンチでも作業はできますが、ピッタリ合うレンチを使った方が良いです。

自転車の整備でも使いますし、家の中で使うこともあります。状況によって必要なサイズが違うので、セットの物を買わなくても、必要になったときにそのサイズのものを買い足していくのも手です。

口が開いている普通のレンチがMaulschlüssel、丸いリング型のめがねレンチがRingschlüsselです。

最初に買うのは両口のレンチ(Maulschlüssel)で良いでしょう。

両端に、それぞれのタイプのレンチが付いているレンチもあります。これを日本ではコンビネーションレンチと呼びますが、ドイツ語ではRing-Maulschlüssel、もしくはMaul-Ringschlüsselです。そのままですね。

ちなみに、このProxxonというメーカーは安くはないですが、おすすめです。日本でこのメーカーの物を買うと高いのですよ~。

他にも、リング型でラチェット機構の付いたレンチや、ソケットレンチもありますが、DIYに慣れてきてから徐々に買い揃えていくと良いでしょう。

六角棒レンチ

六角棒レンチ(Innensechskantschlüssel)は、忘れたころに、思いがけないところで必要になる工具のような気がします。

例えば、自転車の整備では、使うケースが多いですね。家具の部品で使われていることも多いです。IKEAの家具の組み立てでも使うことがありますね。ただ、IKEAの場合、組立てに必要な六角棒レンチは付いてくることが多いです。

それから、扉のヒンジの固定や電子機器で使われていることもありますね。

ピッタリ合わないと、ネジを回すことはまず無理なので、セットで持っていた方が良いです。高いものではありません。

水平器

家具を壁に取り付けるときなどに、水平器(Wasserwaage)は使うべきです。せっかく頑張って取り付けたのに、斜めになっていたら嫌ですしね。

ただ、水平器は無ければ無いで、他のやり方もあります。

例えば、紐に重しを垂らせば垂直が測れます。それから、スマホアプリの水平器を使うのも手です。ただ、正確に水平を出したければ、やはりきちんとした水平器を使いましょう。

以上です!今回は紹介しなかった工具も、作業手順と併せて徐々に紹介していきますね!

Be the first to comment

コメントを残す