旅行の予定があるなら、早めにパスポートの更新を

年末年始、日本に帰国される方も多いですね。今日は一時帰国には必要なパスポートについてです!本当はもう少し早く情報を書きたかったのですが、今後も使える情報ですので、今発信しておきます!

ドイツ在住の方にとってパスポートは身分証明書代わり。有効期限もきっと把握していらっしゃるでしょう。

しかし、外国への旅行の予定がある場合は要注意なんです!

例えば、「旅行の後にパスポートの期限が切れるから、帰ってきたら更新しよう!」というのでは、遅すぎる可能性もあるのですよ!

パスポートは1年前から更新が可能

パスポートの更新は、在独日本大使館・領事館で、期限が切れる1年前から可能です。

詳しい手続きについては、下の在独日本大使館のページをご覧ください。

とは言え、1年前からなんか更新しないよ!という方も、以下の情報をご覧ください。

パスポートの残存期間で、旅行できなくなる可能性も

ドイツ在住の方が休暇や出張でドイツから出国する場合も、日本に住んでいる方がドイツへ旅行する場合も、パスポートの有効期間は一定期間以上ある必要があります。

この必要な残存有効期間は、訪問国によって異なります。中には6ヶ月以上の有効期間が必要な国もあるので要注意です!

例えば、下のサイトで確認することができます。国によって、必要な残存期間が入国時からの国と、出国時からの国があります。これにも注意しなくてはいけませんね。

海外へご出発のお客様へ パスポート・査証に関する重要なご案内 | 近畿日本ツーリスト
近畿日本ツーリストの海外ツアー【ホリデイ・クリッキー】へようこそ! ここでは海外へご出発のお客様へ パスポート・査証に関する重要なご案内をしています。

ドイツの場合は、ドイツ大使館のページで確認した方が確実でしょう。「ドイツを含むシェンゲン協定国を出国する日より3ヶ月以上パスポートの残存期間が必要となりました。」と書いてありますね。

ドイツ大使館 ドイツ総領事館 - ビザ
あなたがビザをとる必要があるかどうかを確認してください。有効な日本国パスポートを所持する日本人は、空港トランジット、(90日以内の)観光または出張に際して、ビザの必要はありません。 【注】2013年8月1日より、日本国籍を含むすべての国籍の方はドイツを含...

そういう訳で、余裕を持ってパスポートを更新しておく必要があるのですよ~!

ビザの貼り換え

さらに、ドイツ在住の方はパスポートの更新後、滞在許可証の貼り換えが必要ですね。

滞在許可証の貼り換えは、お住いの地域の外人局(Ausländerbehörde)、もしくは地域にもよりますが市役所(Bürgeramt, Rathaus)でできます。ベルリンの場合は、市役所で貼り換えができます(要予約)。

カード型の滞在許可証(elektronischen Aufenthaltstitel, eAT)を持っている場合、永住許可証を持っている場合も同様です。

ベルリンでは現時点では、カード型のビザを持っている場合、カードの更新ができず、新しいパスポートに紙の滞在許可証が貼り付けられます。(あれだけ大々的に宣伝して導入したのに、何か問題があるのでしょうかねぇ・・・)

もし、旅行前にビザの貼り換えができないなら・・・

もしかしたら、大きな街では、旅行前に予約が取れないことがあるかもしれません。

でも旅行を諦める必要はありません。滞在許可証の貼ってある古いパスポートを新しいパスポートと一緒に持っていけば、基本的に再入国できます(詳細は確認の必要あり)。

例えば、下のページに情報が書いてあります。

とにかく大事なのは、旅行をする予定があるなら、余裕を持ってパスポートを更新することですね!滞在許可証の貼り換えは二の次で良さそうなのは、安心です。

Be the first to comment

コメントを残す